大阪に人に親切にされた体験談

大阪のイメージって、どんなものでしょう?

賑やか・美味しいものがたくさん・お笑い・ヒョウ柄のおばちゃん…などなど全体的に、元気がいい街!というイメージを持っている人が多いのではないでしょうか。

東京に生まれて以降数十年在住してきた私も「大阪=元気」というイメージを持っていました。

でも「元気」だけじゃないんですよ、大阪の人って・・・

私は現在、夫の転勤で数年前から大阪に住んでいます。東京以外の所に住んだことがなかった私。大阪には良いイメージがありましたが、実際住んで生活するとなると…と、やはり不安がよぎりました。

でも、そんな不安は大阪に引っ越してくる前に解消されたのです。

新居を探すべく、すでに大阪支社に着任している夫を訪ねたときのことです。私は当時4歳の娘と一緒に地下鉄に乗りました。電車内はそれほど混んでおらず、座席はポツポツと空いているくらい。

一人分の空いている席に娘を座らせ、私は娘の前に立っていました。

すると斜め後ろの席に座っていたおばちゃんが来て「私の隣空いてるから!二人で座って!」と言って娘の席と交代してくれたのです。

背中を向けて立っていた私にわざわざ声を掛けにきてくれる、というのがポイント。

娘の席の並びが一人分空いていて詰めてくれた、ということなら珍しいことではありあせんが、わざわざ声を掛けに来て変わってくれるって、ありそうでないことですよね。

ちなみに、滞在中同じことがもう一度ありました。

小さい娘を連れていたとはいえ、こういう親切って嬉しいですよね。しかも続けて二度も・・・

また、別の日にはこんなことも。

とある入浴施設に行ったときのことです。入場券を買おうと並んでいると「これから入場券買います?私もう行ってきて帰るとこなんやけど、今日まで使える入場券持ってるの。今日までやし、よかったら使って!」といって声を掛けてくれた若い女性が。

遠慮なくその入場券をいただきましたが、そんな経験から私は「大阪人=親切」というイメージがすっかり出来上がりました。

人によってはおせっかいと感じられるかもしれませんが、大阪の人って、人をほうっておけない親切心が根付いているんですね。

いつもご購読ありがとうございます!