医療レーザー脱毛の痛みについて

美容皮膚科等の医療機関で行われている「レーザー脱毛」は、脱毛効果が非常に高いと言われているので、医療機関で脱毛をはじめる人も少なくありません。

しかし、効果が高いと言う事はそれなりに痛みが強いと言う事になります。ではどれぐらい痛いのか見ていきましょう。

医療レーザー脱毛の痛みはどれくらいなのか

もちろん痛みの感じ方には個人差があるのですが、一般的に脱毛クリニック等の医療機関で行われているレーザー脱毛は、エステサロンのフラッシュ脱毛に比べて痛みが強いと言われています。

そのために医療レーザー脱毛の効果の高さは分かっているものの、いざ通うとなると痛みの強さがネックとなって尻込みしてしまうという人も多いようです。

その痛みの強さを言葉で表現するのは難しいですが、よく例えられるのが輪ゴムです。輪ゴムで肌をパチンと弾かれるような痛みが施術の間中ずっと続くと考えると、ある程度想像がつくと思います。

痛みは部位によっても違う?

さらにレーザー脱毛の痛みは、施術を受ける部位によっても違ってきます。例えばワキ等のような日常的に毛を剃ることによって自己処理している部位は、毛根が太くなっていますので、痛みはその分強くなる傾向があります。

また手の甲やヒザのように皮下脂肪が薄く、なおかつ皮膚のすぐ下が骨になっているような部位についても、比較的痛みを感じやすいと言われています。

そしてそんな中でも群を抜いて激しい痛みを感じる人が多いのが、VIOライン等のデリケートゾーンです。VIOラインは元々肌が敏感な上に、太い毛が密集している部位でもありますので、痛みが強くなるのは避けられず、経験者の中には失神するほどの痛みだと表現する人もいるほどです。

痛みを軽減する方法はあるの?

そこでどうしても痛みに耐えられないという人の場合、脱毛クリニック等の医療機関では麻酔の使用が法律で認められていて、その点はエステサロンには無いメリットだとも言えますが、基本的にエステ脱毛の場合麻酔を使うほど痛みを感じる事はありません。

ちなみに麻酔と言っても外科手術のように注射や点滴を使うわけではなく、肌に直接塗る麻酔クリームという物を使用する方法が最もポピュラーですが、クリニックによっては笑気ガスを吸入するという方法を取る場合もあります。

ただし麻酔の使用には別途料金が必要になる場合がほとんどですが、痛みは確実に軽減できますので、特に痛みが苦手だという人やデリケートゾーンの脱毛を行う際には、麻酔を使用するという選択肢があることも知っておいた方が良いでしょう。

他にはレーザー機器の出力を下げてもらうという方法もありますが、この場合は脱毛の効果も弱めてしまうことになりますので、あまりおすすめできません。

また生理前はホルモンバランスが乱れることによって肌が敏感になり、普段以上に痛みを感じやすくなりますので、生理前の時期には予約を入れない方が良いでしょう。

それに肌が乾燥している状態では余計に痛みを感じやすくなりますので、施術前にはしっかりと保湿をしておくのも効果的です。

以上のように医療レーザー脱毛は相当痛いと言う事が分かりますね。

痛みで失神こそはしないものの、部位によってはそれぐらい痛みを感じる事もあると言う事です。それでも、どうしてもレーザー脱毛がいいと言う場合は、「麻酔」などをオプションで利用してはじめてみては良いのではないでしょうか?

エステサロンには麻酔の用意が無いのですが、麻酔を使うほどの痛みを感じる事がないからです。痛みが苦手と言う方の場合は、医療レーザー脱毛よりもエステサロンの痛くないフラッシュ脱毛を選択した方が良いのではないでしょうか。

いつもご購読ありがとうございます!