一番危険な脱毛方法に注意してください

医療機関やエステサロンの全身脱毛には「毛嚢炎」や「やけど」等の副作用があります。しかし、それ以上に危険な脱毛方法がある事をご存知でしょうか?

参考:全身脱毛の副作用について

以下では意外と知らない危険な脱毛方法について説明しますので、心当たりがないか確認してみてください。

最も危険な脱毛方法とは?

医療機関やエステサロンで全身脱毛するよりも、危険な脱毛方法は以下の2種類になります。

  • 家庭用脱毛器を利用した脱毛方法
  • カミソリや毛抜きを使用した脱毛方法

上記2点が最も危険な脱毛方法になります。おそらく過半数の方が「カミソリ」や「毛抜き」を使用して脱毛していると思うのですが、実はこれらの方法は知らない間に大切な肌にダメージを与え続けているのです。

また、家庭用脱毛器は比較的手ごろな値段で手に入るので、多くの方が利用していると思うのですが、実は家庭用脱毛器もとてもリスクが高い脱毛方法と言えるのです。

家庭用脱毛器を使用したセルフ脱毛の危険性

医療機関やエステサロンに通うよりも安上がりで便利な「家庭用脱毛器」ですが、実はとてもリスクの高い脱毛方法の1つなのです。

なぜなら、家庭用脱毛器は脱毛したい時に自由に脱毛できて、光の出力も自分で調節可能なのですが、光の照射力は家庭用と言えどそれなりの威力を発揮するからなのです。

家庭用脱毛器を使用して脱毛している方のほとんどは、脱毛に関する知識はほとんど無いのに等しいのではないでしょうか。

例えば、肌の状態を一目見ただけで分かるのでしょうか?照射してはいけないような箇所に光を照射していないだろうか?毛周期はきちんと分かっているのだろうか?十分に冷却されているのだろうか?

等々の不安要素がたくさんあると思います。それに、同じ個所に誤って何度も光を照射してしまったりする事もあると思います。

自分で好きな時に脱毛できて、サロンに通う手間もなく、比較的安い値段で手に入って便利な家庭用脱毛器なのですが、誤った使い方をしてしまうと、それこそ毛嚢炎のリスクややけどなどのリスクが高くなってしまうのです。

脱毛の知識がある方でしたら話は別ですが、何の知識もない方が家庭用脱毛器を使用して脱毛を行うのはリスクが高すぎると言えます。

カミソリや毛抜きを使用した自己処理はかなり危険

自宅でカミソリや毛抜きを使用したムダ毛の自己処理をしている方は多いと思いますが、この方法が実は一番危険だと言えます。

実際にこの方法で自己処理をしている方で、このような悩みはありませんか?

  • 色素沈着
  • 埋没毛

上記は、カミソリや毛抜きを使用してムダ毛処理を行っているほとんどの方が悩まされている症状だと言えます。

では、なぜ剃刀や毛抜きを使用してムダ毛処理を行うと、色素沈着や埋没毛ができてしまうのかと言いますと、どちらの方法も肌へのダメージが相当なものだからです。

医療機関やエステサロンの全身脱毛の副作用が恐くて、全身脱毛をはじめる事ができないと言っている方も少なくはないのですが、実はカミソリや毛抜きを使用した脱毛方法の方が圧倒的にリスクが高いのです。

カミソリで剃毛する事で、目に見えない小さな傷がたくさん付いています。そしてそこから雑菌が侵入する事で炎症を起こしたり、かゆみが出たりします。特に浴室に置きっぱなしの剃刀にはたくさんの雑菌が付着しているので、肌トラブルの原因となりやすいでしょう。

また、肌内部に雑菌が侵入する事で、自分で肌を守ろうとして皮膚が厚くなって色素沈着を起こしやすくもなります。

それから、毛抜きを使用して無理に毛を引っこ抜く事で、毛穴が潰れてしまいそこから大気中の雑菌が肌内部に侵入して炎症を起こして「毛嚢炎」等の原因になります。

そして、皮膚を守ろうとしてより分厚い皮膚が再生されるので、次に生えてくる毛が皮膚を破る事ができなくなり埋没毛が発生してしまうのです。

いかがでしょうか?カミソリや毛抜きを使用したムダ毛の自己処理や、家庭用脱毛器は安全と思っている方も少なくはないと思うのですが、実はとても危険な脱毛方法なのです。

医療機関やエステサロンの全身脱毛の副作用を気にしている方も居るみたいですが、ムダ毛の自己処理の方がよっぽど危険な行為と言えます。

エステサロンでの全身脱毛は、プロのエステティシャンが施術してくれるので、安心です。副作用が全くないとは言い切れませんが、自己処理よりは安全に全身の脱毛ができると言えます。

いつもご購読ありがとうございます!