医療機関のレーザー脱毛について

最近は全身脱毛が流行っていますが、今最も主流の脱毛方法は「エステサロンのフラッシュ脱毛」と「医療機関のレーザー脱毛」になります。

今回は医療機関で行われているレーザー脱毛について解説していきたいと思いますので、どちらの脱毛方法を選択するか迷っている方は、是非参考にしてみてください。

医療レーザー脱毛ってどんなもの?

医療レーザー脱毛は、美容皮膚科や美容外科クリニック等で行われている脱毛方法です。

その仕組みについて簡単に説明しますと、毛のメラニン色素が持っている黒い色だけに反応するレーザー光線を照射することによって、毛根を集中的に攻撃し、毛が生える元となっている毛母細胞を破壊するという方法です。

原理としてはエステティックサロンで行われているフラッシュ脱毛と同じなのですが、フラッシュ脱毛の機器は出力が低いために、毛母細胞にある程度のダメージを与えることはできても、完全に破壊することはできません。

それに比べて美容外科クリニック等の医療機関では、出力の高い医療レーザー機器の使用が法律で認められているために、より効果の高い脱毛を行うことが可能なのです。しかも周辺の皮膚や細胞に影響を与えることも少ないので安心です。

しかし、効果の高い医療レーザー脱毛とはいえ、たった一度の施術で大きな効果を発揮できるわけではありません。毛周期と呼ばれる毛の成長サイクルに合わせて、繰り返し施術を行うことによって、初めて満足のいく脱毛結果が得られるのです。

ですから脱毛完了までには一定の施術回数と通院期間が必要になりますが、それでも出力の高い医療レーザー脱毛であれば、フラッシュ脱毛に比べて短い期間で完了させることが可能です。

ただし、出力が強い分、どうしても痛みは強くなってしまいます。

医療レーザー脱毛は誰でも受けられる?

上記のように効果の高い医療レーザー脱毛ですが、肌の状態によっては施術を受けられない場合もあります。

例えばレーザー光線の黒い光に反応するという性質上、日焼けした肌や色素沈着を起こしている肌に照射すると、やけど等の肌トラブルが発生する危険性が高くなります。日焼けの程度にもよりますが、一般的には施術を行うことができないとされています。

そして医療レーザー脱毛は出力が高い分、エステ等のフラッシュ脱毛に比べると痛みが相当強いと言われています。特にVIOライン等のデリケートゾーンの皮膚が弱いは部位は痛みを感じやすい部位でもありますので、痛みが苦手な人の場合は途中で断念するケースもよくあります。

ただし医療機関では、別途料金を支払う必要はありますが「麻酔」等も使用できますので、どうしても痛みが我慢できない場合は、麻酔の使用を申し出るという方法もあります。

また医療レーザー脱毛は、太くて濃い毛には抜群の効果を発揮するのですが、産毛や色素の薄い毛にはあまり効果が得られない場合もあります。

それに効果の出方や通院期間等は、個人の肌の状態や体毛の濃さ等の条件によっても変わってきますので、その点については事前のカウンセリングの際に、担当の医師や看護師に確認しておいた方が良いでしょう。

以上のように医療レーザー脱毛は、効果が高い分痛みが相当強いと言う事が分かります。

痛みの耐性が強い人でしたら耐える事も出来るのでしょうけど、敏感肌の方や、痛みに敏感と言う方はエステサロンのフラッシュ脱毛の方が良いのではないでしょうか。

どうしても医療機関でレーザー脱毛をはじめたいと言うのでしたら、契約する前に体験コースやカウンセリング時にパッチテストをする事をおすすめします。

なぜなら、医療機関の場合は一度契約をしてしまうとクーリングオフを利用する事ができないからです。つまり、高額な料金を支払って契約してみたものの、痛みに耐えられないのでクーリングオフを利用しますと言う訳にはいかないと言う事です。

レーザー脱毛は効果は高いのですが、その分料金が高く痛みが強いと言うのが気になりますね。

いつもご購読ありがとうございます!