全身脱毛の副作用について

最近は多くの女性が全身脱毛をはじめています。エステサロン等で全身脱毛をする事で、ムダ毛のないつるつるスベスベの肌になりキレイな肌が手に入るからです。

しかし、一方で全身脱毛をはじめたいけど「副作用がないか心配」と言う方が居るのも事実なのです。料金が高いから全身脱毛に通えないと言う方も少なくはないのですが、実は副作用を心配して全身脱毛を躊躇している方もたくさんいるのです。

しかし、本当に全身脱毛をする事で副作用はあるのでしょうか?今回はそんな全身脱毛の副作用について解説していきたいと思いますので、副作用が心配で全身脱毛を躊躇していると言う方はぜひ参考にしてみてください。

全身脱毛で起こり得る副作用について

全身脱毛の副作用を心配している方もたくさんいると思います。そこで今回は全身脱毛を受ける事で起こり得るであろう副作用の症状をご紹介したいと思います。

毛嚢炎(もうのうえん)

全身脱毛の副作用として稀に起こるのが「毛嚢炎」です。これは医療機関のレーザー脱毛でも、エステサロンのフラッシュ脱毛でも起こり得る副作用の1つで、脱毛の施術の際に肌への刺激を受ける事で毛穴の奥の皮膚組織に軽い損傷を受ける事で起こってしまう場合があるのです。

その損傷した皮膚組織に、ブドウ糖菌が感染して傷が膿んでしまいニキビのような症状が出てしまいます。これが毛嚢炎の症状です。

症状としましては、少し赤みが出て痒みや軽い痛みを伴いますが、ニキビやおできと同じようなものなのでそれほど心配をする事もなく、放っておいても自然に治ります。

毛嚢炎の数が少ない場合は、特に治療を受ける必要はありませんが、次から次にたくさん毛嚢炎ができる場合は、皮膚科等を受診して内服薬を処方してもらうと3~4日で完治します。

しかし、エステ脱毛の場合は、元々が刺激が弱い方なので毛嚢炎になる確率は非常に少ないと言えます。どちらかと言うと、刺激の強いレーザー脱毛で皮膚が損傷してしまう事が多いので毛嚢炎になりやすいと言えるでしょう。

ちなみにですが、毛嚢炎の症状が現れやすいと言われている箇所は、全身脱毛の中でもヒゲやデリケートゾーンと言われております。

なぜなら、ヒゲは毛根が深く熱によるダメージが大きく損傷が皮膚内部の奥の方まで及ぶからです。また、デリケートゾーンの場合は蒸れやすい状況にあると言う事と、排泄後の雑菌等が付着しやすい事が原因となります。

しかし、女性の場合に関してはヒゲはそれほど濃くないのであまり気にする事は無いでしょう。それよりも、デリケートゾーンを衛生的に保つことを意識するようにすれば、毛嚢炎のリスクも回避できるのではないでしょうか。

やけど等の肌トラブル

全身脱毛の副作用として、炎症や、やけど等の肌トラブルがあります。全身脱毛は、レーザーや特殊な光を使用して、毛根に熱を与えて刺激しますので、稀に肌にも影響がある場合があります。

医療機関のレーザー脱毛もエステサロンのフラッシュ脱毛も原理は同じで、黒いメラニン色素に反応して脱毛効果を得ると言う方法になります。

参考:フラッシュ脱毛の原理

ですから、日焼けした肌や、色素沈着を起こしている肌に光を照射する事で、その箇所が反応してしまいやけどなどの肌トラブルを起こしてしまう場合があるのです。

その他に、光の照射力が強すぎて必要以上の高温が毛穴の中で発生する事で熱傷を負う事になる場合もあるのです。特に出力の強いレーザー脱毛は注意が必要です。出力が強い分脱毛効果は高いと言われていますが、その分副作用のリスクも高くなると言う訳です。

それから、乾燥肌の方も熱傷を負いやすい傾向にありますので、日ごろから肌に潤いを与える保湿ケアをしておく事を意識しましょう。脱毛後は保湿ケアを行うのは当たり前なのですが、脱毛前もしっかりと肌をケアして潤いを与えておきましょう。

特に乾燥肌の方は、施術日の3日ほど前から保湿毛を徹底する事で、やけどなどの肌トラブルは回避する事ができます。

また、「ほくろが多い方」や「色素沈着が酷い方」で脱毛効果を意識しすぎるあまり、本来施術できない場合でも無理に施術をする事でやけどなどのリスクは高まってしまいます。

参考:全身脱毛はほくろがあってもできるの?

いずれにしても、脱毛効果を求めるあまり必要以上に出力の強い施術を受けない事が、全身脱毛を受けるうえでの副作用のリスクを回避できる唯一の方法だと言えます。

つまり、脱毛効果の高い医療レーザー脱毛は副作用のリスクが高く、エステサロンのフラッシュ脱毛は効果が劣る分副作用のリスクは少ないと言う事になります。

いつもご購読ありがとうございます!