全身脱毛前後の保湿ケアが重要

脱毛サロンや医療機関で脱毛をする前後は、保湿ケアをしっかりとする事が大切です。

全身脱毛の施術の後は、どうしても肌が乾燥しやすくなりますので肌トラブルの原因になってしまったり、脱毛効果にも影響が出てしまう事もありますので、脱毛前後には必ず保湿ケアを怠らないようにしましょう。

全身脱毛前後の保湿ケアの重要性

脱毛サロンや医療機関では、黒いメラニン色素に反応する波長の光を照射して脱毛の施術をしています。光を照射すると毛根のメラニン色素に反応して、毛根が刺激されます。そして吸収された熱が広がり、毛根にダメージが与えられて死滅する事によって自然と毛が抜け落ちるようになります。

参考:フラッシュ脱毛の原理

脱毛サロンのフラッシュ脱毛は、もともと肌への刺激がほとんどないのですが、光の熱エネルギーの影響でやけどや赤み等の肌トラブルが出ないように、施術時に冷却ジェルで肌を保護したり、光の照射と同時に肌を冷やしながら脱毛できるマシンを使用したりして施術を行います。そして、脱毛後にはクールダウンや保湿ケアを行います。

しかし、脱毛の施術後はどうしても肌が熱を持ってしまうので、肌は施術後は軽いやけど状態になっている場合がほとんどです。

ですから、そのままにしていると肌の水分がどんどん奪われてしまい、肌が乾燥して肌の状態が悪くなってしまいます。

そのため、各サロンでは施術後に弱った肌を保護する為に、必ず保湿ケアを行ってくれますが、自分でも脱毛後は肌が乾燥しないように自宅でしっかりと保湿ケアを行うようにしましょう。

また、脱毛の施術後は肌の抵抗力が低下しているので、アルコールや香料などの刺激となるものを使用していない化粧水や保湿ローション等で保湿ケアするようにしましょう。

それから、この保湿ケアは肌に潤いを与えて肌を守る為に行いますが、実は脱毛効果を高める効果もありますので、キレイに確実に脱毛したい場合はしっかりと保湿する事が重要になってくるのです。

そして、乾燥している肌はバリア機能が低下しているので、刺激に対してとても敏感になっています。ですから、乾燥した状態の肌に光を照射すると強い痛みを感じやすくなってしまいます。

こうなると、施術時の光の出力を下げる事になりますので、脱毛効果が減少してしまいます。出力はそのままで施術を受ける事も可能なのですが、強い痛みを感じて脱毛を受けるのもつらいと思います。

また、脱毛の施術後は約1~2週間で自然と毛が抜け落ちるようになるのですが、乾燥していると毛が抜けにくくなります。乾燥している肌は毛穴の力が低下しているので、毛穴が開きにくく抜け落ちくなるのです。

脱毛効果を高める為にも施術前後には、入念に保湿ケアをしておきましょう。

それから、施術の2~3日前からは特に保湿ケアに力を入れると良いでしょう。入浴後はどうしても肌の水分が失われるので、入浴後に乳液やクリームを使用して保湿ケアをします。

どのようなもので保湿ケアを行えばよいのか分からない場合は、各脱毛サロンや医療機関でオリジナルローションを販売している事がありますので、そちらを利用する事をおすすめします。

サロンや医療機関で販売されている保湿ケア製品は、「ヒアルロン酸・プラセンタ」などの美容成分をたくさん配合しており保湿効果が高くなっております。

保湿ケア製品で迷った場合や、どのようなものでケアしたらいいのかわからない場合は、こういったものを利用するのも良いのではないでしょうか。

以上のように、全身脱毛の前後の保湿ケアはとても重要になってきます。

肌を守ると言う事はもちろんなのですが、脱毛効果にも影響が出ますので、特に是術後の保湿ケアはしっかりするようにしましょう。

また、施術後の保湿ケアは自宅でお風呂上りなどに自分で行う事も重要になりますが、極力刺激の少ないもので、しっかりと肌に潤いを与えてあげる事ができるローションやクリームを使用するようにしましょう。

いつもご購読ありがとうございます!