全身脱毛のハイジニーナとは

osaka-hygiene

脱毛に興味を持ち始めると、「ハイジニーナ」と言う言葉を知る事になります。しかし、ほとんどの方は「ハイジニーナ?」となるのではないでしょうか。

そこで、ハイジニーナについて解説していきたいと思いますので、是非参考にしてみてください。

ハイジニーナとは

ハイジニーナとは、「ハイジーン(Hygiene)」と言う言葉が由来で、意味は「衛生」です。

ハイジーンと言う言葉からできたスタイル(アンダーヘアを処理している状態)の事をハイジニーナと言います。

今でこそ日本でもハイジニーナの方が多くなってきましたが、欧米ではハイジニーナが当たり前で、アンダーヘアの処理をしていないと言う場合の方が少ないみたいです。

ハイジニーナ脱毛は、ミュゼやエピレ、ヴィトゥレなどのサロンが専門的に行っていて、その他のサロンでは必ずと言ってもいいほど全身脱毛のコースに含まれています。

また、名前はハイジニーナではなく「VIO脱毛」と表記されている事の方が多いのですが、施術箇所に関しては同じデリケートゾーンになります。

Vライン脱毛もハイジニーナ?

ミュゼのキャンペーンなどでVライン美容脱毛完了コースとありますが、Vラインはビキニラインの事なので、ハイジニーナとは少し異なります。

ハイジニーナ脱毛は、V・I・O全てのムダ毛を処理する事を言います。ミュゼのキャンペーンのVラインは、ビキニを着た時にはみ出るサイドのや上部の位置にあるムダ毛の処理の事を言います。

ハイジニーナ脱毛は全部処理するの?

ハイジニーナ脱毛は基本的に全部のムダ毛の処理を行います。日本ではこのような全部の毛を処理する事を「パイパン」と言われています。

しかし、日本人の場合は全てのアンダーヘアを処理するよりも、毛量を減らしたり、好きな形に整えたりして楽しんでいる人の方が多くなっています。もちろん全ての毛を処理してハイジニーナにしている方も居ますので、半々と言ったところでしょうか。

芸能人だと、叶姉妹の叶恭子がハイジニーナにしている事が有名ですね。その他だとマリエや武藤静香もハイジニーナで全部ツルツルです。海外セレブだとパリス・ヒルトンやブリトニースピアーズもハイジニーナです。

ハイジニーナ脱毛でツルツルにする必要はあるのか
ハイジニーナ脱毛はVライン、Iライン、Oラインの脱毛全てがセットになっている脱毛の事で、日本ではVIO脱毛と呼ばれる事の方が多いです。

参考:VIO脱毛について

最近の全身脱毛のコースに必ずと言っても良いほど含まれていますが、完璧にツルツルにしないといけないのでしょうか?過半数の方は、完璧にツルツルにするのではなくてトライアングル型に残しています。

意見は分かれるのですが、完璧にツルツルにする必要はないのではないでしょうか。各サロンで、エステティシャンの方に相談して決める事ができるので、自分の好きな方を選択すればよいと思います。

また、ハイジニーナ脱毛はしたくない場合も、エステティシャンの方に相談して省く事ができますので、その場合は遠慮せずに相談するようにしましょう。

いつもご購読ありがとうございます!